♩ 2022年度部長・コンサートマスターより ♩

2022年度 中央大学管弦楽団 
部長
​星野 日和

こんにちは。中央大学管弦楽部部長の星野日和です。

新入生の皆さんへ当団の紹介を簡単にさせていただきます。 

当団は中央大学唯一のオーケストラであり、100名近くの団員が活動しています。5月と12月に行う定期演奏会を軸に日々練習に励んでいます。また、年に一回、音楽研究会に所属している他の団体さんと開催するジョイントコンサートにも参加しています。上記のイベントの他にも、年に2回の合宿、セクションごとのアンサンブル演奏会、学園祭での演奏喫茶など、一年を通してたくさんの活動が出来ます。

練習は週3回で、火曜・木曜・土曜の18:00〜21:00です。

当団には初心者で楽器を始めた団員もいるので、経験がない方でも音楽を楽しめると思います。多くの団員が練習のない日にアルバイトや資格勉強、他のサークル活動に参加しているので、部活動とプライベートの両立も可能です。優しい人がたくさんいるので、悩み事の相談など親身になって聞いてくれます。

オーケストラやクラシック音楽に詳しくないとダメなのでは…と思う人もいるようですが、そのような心配は無用です!興味とやる気があれば大丈夫。部員の多くが活動を通してオーケストラの魅力にどっぷりとハマっています。
みんなで一つの音楽を作り上げていくことは唯一無二の魅力があると思います。私たちと一緒に音楽を楽しんでみませんか。

団員一同、心よりお待ちしております。

S__57696392.jpg
S__57696390.jpg

2022年度 中央大学管弦楽団
コンサートマスター
​近藤 総司

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
中央大学管弦楽団(通称中大オケ)令和4年度コンサートマスターの近藤総司(こんどう そうし)です。
この度は中大オケ新歓ホームページをご覧くださいまして誠にありがとうございます。
この場をお借りして私から、中大オケについてその魅力とともに紹介したいと思います。
中大オケは中央大学創立70周年にあたる1955年に開催された記念音楽会にて、演奏を行うために臨時編成されたオーケストラを母体として誕生いたしました。なんと67年に及ぶ歴史を持った学内唯一のオーケストラです。中央大学近辺においても1番大きな規模を誇っているのも特徴の一つです。

中大オケには音楽が好きな人、大人数で演奏してみたい人、大学に入って何か新しいことにチャレンジしてみたい人などなど様々な人が所属しています。
年2回開催される定期演奏会をはじめ、管楽器、弦楽器などの楽器群ごとで演奏会などに向けて日々練習する他、地域の団体や中央大学のOB会などから依頼を受けての演奏など幅広く活動しています。

団員の中には、幼い頃から演奏してきた人もいれば、大学入学とともに音楽を始めた人もおり、楽器の経験年数は色々です。また、中央大生のみならず他大生も多く所属しており、それぞれのパートで活躍しています!
このオーケストラは学年やパートの垣根を超えて学生同士の仲が良く、そういった雰囲気が中大オケの何よりの魅力だと自信を持って言えます。

このホームページを見て、少しでも中大オーケストラで演奏することに興味を持っていただけると幸いです。
ぜひ、お気軽に練習見学にいらしてください!
部員一同心からお待ちしています!